おもいやる心 けんこうな体 かしこい知恵を育てる

募集要項

  • HOME »
  • 募集要項
☆募集要項

 

保育所へは、次のような理由で入所できます。
保育所への入所の理由一覧
(1)【家庭外労働】 家庭の外で労働することを常態としていること。
(2)【家庭内労働】 家庭で児童と離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としていること。
(3)【妊娠・出産】 妊娠中であること、または出産後間もないこと。
(産前・産後各8週)
(4)【疾病・障がい】 疾病にかかり、もしくは負傷し、または精神もしくは身体に障がいを有していること。
(5)【長期介護】 長期にわたり、疾病の状態にある同居の家族または精神もしくは身体に障がいを有する同居の親族を常時介護していること。
(6)【災 害】 震災、風水害、火災、その他の災害の復旧にあたっていること。
(7)【その他】 上記に類すると市長が認める状態にあること。

☆入所手続きについて

入所手続きには、入所申込書(お子さん1人につき1枚)と印鑑のほか、以下の書類が必要です。
家庭で児童の保育ができない理由 必要な書類
家庭の内・外で働いている場合
※概ね1週間の就労時間が4日以上、かつ、1日の労働時間が4時間以上を超え、働いているのを常態としていることが確認できる方が該当となります。
勤務先または事業主からの在職証明書または就労内定証明書(市の様式)自営業の方は、就労(自営業)申告書、内職の方は内職申立書および証明書(市の様式)
妊娠・出産の場合 母子健康手帳の写し
(出産(予定)日記載欄および母子氏名欄の写し)
病気または病人の看護をしている場合 障害者手帳の写し
診断書等の本書または写し
親族介護申立書
資格取得等で各種学校に通学中の場合
※就学している状況(働いている場合と同程度の日数および時間)が確認できる方が該当となります。
通っている学校が発行する在学証明書の本書または写し。
※在学証明書は、在学期間と1日の授業時間がわかるもの(わからない場合は、カリキュラム等を添付)
求職活動中の場合
※入所期間は3か月以内で、年度内となります。
※入所期間内に就労できなかった場合は退所となります。
※ご両親ともに求職活動中の場合は、保育所に入所することができません。
求職申立書(市の様式)

提出していただく書類

 

■税額確認書類
平成27年1月2日以降に函館市に転入された方は税額確認書類の提出が必要です。
4月から6月までに入所する場合
保護者の平成26年分源泉徴収票の写しまたは確定申告書(控)の写し等
(所得税が非課税の場合は平成26年度課税証明書も必要です。)
7月以降に入所する場合
保護者の平成27年度分源泉徴収票の写しまたは確定申告書(控)の写し等
(所得税が非課税の場合は平成27年度課税証明書も必要です。)※入所月により保護者の前々年または前年中の収入が函館市の基準を満たしていない場合で、祖父母等と同居している場合は、世帯で最多収入のある方等の税額を基に保育料を決定します。

 

■保育料軽減対象施設にかかる在籍(利用)証明書
入所児童のほかに幼稚園、認定こども園、特別支援学校の幼稚部もしくは情緒障害児短期治療施設の通所部に在籍し、または児童発達支援もしくは医療型児童発達支援を利用している小学校就学前の児童がいる場合は、「保育料軽減対象施設にかかる在籍(利用)証明書」を提出してください。

 

☆保育料について

くわしい保育料については、函館市の保育基準額表をご覧ください

☆一時保育のご案内

皆様のご要望に応じて、一時的に又緊急のときなど、お子さまをお預かりいたします。ご両親様方のお気持ちに沿い、大切な幼児期を楽しく元気に過ごせる良い環境を作るとと共に、ベテラン保育士を配置してお世話致します。お子さまにとっては短い時間だけだったり、期間もまちまちなので、お家の方と保育園とが密接に連絡をとりながら、寂しくならないよう充実した一日をおくれるよう配慮しています。

1)持ち物
上靴・着替え・おむつ(必要に応じて)・汚れ物入れナイロン袋・ジャンパー
帽子・バスタオル・枕に掛けるタオル(お昼寝が必要な場合)

2)保育料
ひと月の利用日数分を前納して頂き、翌月初めに清算致します。
1日 1800円(給食・おやつ代を含む)

3)保育利用時間は、午前8:30以降~午後17:30までの範囲で保育を必要とする時間です。
日数 1ヶ月12日以内 (月曜から金曜まで)

4)年齢
1歳から5歳までで集団生活に適応できる方。

 

PAGETOP